明るいカイシャの作り方

採用代行・就職支援講座の株式会社コミューン 代表取締役 濱中倫秀のブログ

就活ICON147の練習試合!ヴァーチャルリクルート好評受付中!! (詳細は上のロゴをクリック)

2019年02月26日

採用面接は怖くない

就活生の最大の不安は
「どこにも内定がもらえないこと」
だそう。

ただ、大学の中で実際に聞くのは
「面接が怖い」ではないかと思う。

就職支援の仕事を、
現役時代を含めると20年近くやっているが
それは「知らない」「よくわからない」ことに起因すると言える。

現に3-4回模擬面接をすればたちどころに要領をつかむ学生が大半であり、練習すれば必ず上手くなる。

ただ、採用面接は上手く話すことを期待されているわけではなく、
・伸びながら続くか(辞めないか)
・会社に合うか
が焦点であり、マナーが出来ていたらよいというものでもない。

そのあたりを体験学習の中で如何に伝えていくかが
とても難しいし、力量を問われるところである。  


Posted by プロデューサー  at 17:54Comments(0)日記

2019年02月23日

選考体験講座 ヴァーチャルリクルート

現在、大学教員と㈱コミューンの両立で仕事をしてるのですが
コミューンのコンテンツで「ヴァーチャルリクルート」という就活を1日で
体験するというワークショップがあります。

似たようなプログラムが最近ではまあ沢山あります。
私が初めて実施したのは京都ノートルダム女子大学であり、
10年以上前に始めたのですが、とにかく増えました。

どっちが最初だとかそうじゃないとか言う人も居ましたが、
私にとってはちょっと考えたら・見たら誰でも思いつくコンテンツなので
いくらでも似たようなコンテンツはあってもいいし
選ぶのは大学・学生だしそのような低次元のクレームはスルーしています。

とにかく学生さんとしては選択肢が増えて良いなあと思っています。



このワークショップのキモは、フィードバックする側の力です。
弊社の場合はキャリア講師と現役採用担当者の混合で実施するのが
現時点では最適解だと考えています。

(採用実務経験のない)キャリア講師だけだと、
「笑顔」とか「マナー」「所作」のフィードバックに偏重する可能性が経験上高く

現役採用担当者だけだと、教育的な意図より実採用に繋げる場としか
捉えてもらえないケースもあり、

いずれも学生さんの学びや私の提供したいものとは無関係になってしまいます。

2者を混合することで、そのバランスはある程度取れるかな・
と現時点では無記名のアンケートも見ながら考えています。*下記サムネ参照

キャストであるフィードバック側には最大限演じてもらい
その全体調整役は私の仕事です。難しいけど、ハラハラするけどバッチリはまると
とてもやりがいがあります。

今シーズンはあと2回!頑張りたいと思います。




  


Posted by プロデューサー  at 12:40Comments(0)日記

2019年02月16日

甲賀流


今日は甲賀市にて、
現地の観光ボランティアガイドの皆様向けに
「双方向コミュニケーション」について1時間話してきました。

自分の親より年上の方も沢山おられ、釈迦に説法だと思いつつも
普段の講義や話の工夫を一生懸命まじめにやりました。

驚いたのは大半がシニアなのですが、そのパワフルさ。
ノートとるのも早いしペアでワークするのも積極的で嬉しくなりました。

明日は忍者としてはライバルの伊賀上野市で講座です。楽しみにしております。


  


Posted by プロデューサー  at 17:50Comments(3)日記

2019年02月11日

ラ・ラ・ランド

久しぶりに昨日今日と連休を取れました。

休みは、仕事だと思って取らないとダメですね。
OUTPUT過多な日々なので、あっという間にアイデアは枯渇します。

そんなこんなで、昨日は卒業制作展をはしごして
今日は家でのんびり録りためた映画や番組を観ました。

そして映画館にはタイミングが合わず足を運べなかったのですが
地上波でやってくれたので、「ラ・ラ・ランド」ついに観ました!



たいして映画通でもないので、凝った感想はひねり出せませんが
「人生における幸せ・成功とは」というテーマを感じさせる作品でした。
最後の回想(想像)シーンは、かなりキ( ノД`)ます。

夢を追う中で出てくる、「安定への誘惑」と「本来やりたいこと」の狭間
で揺れる気持ちは自営業者なら誰もが体験することではないでしょうか。

舞台は全く違うのだけれども、少し自分の人生も重ねて感情移入しました。
・・・おススメです。

さて、明日からまた仕事です!  


Posted by プロデューサー  at 23:34Comments(0)日記

2019年02月09日

就職対策講座

2月になると、連日のようにどこかの大学で
「就職対策講座」をさせていただいてます。

弊社のヴァーチャルリクルートという講座は10年以上前に
京都ノートルダム女子大で初めて実施したワークショップ型講座です。

本番前に、本番に極めて近い(現役採用担当が評価する)
コンテキストを作り出し、その中で出来る事と改善点を発見する、
というものです。

詳しくはこちら↓
http://commune.co.jp/

今となっては多くの場所・主催で実施されており、対して珍しくもない
コンテンツになってきました。
自社コンテンツの類似プログラムが出てくると、やれ「パクリ」だとか
騒ぐ人もいらっしゃいますが、いいものであれば広がってもらえればいいと私は思います。

ただ、こういった模擬就活講座は当日のコーディネーターの力量が大きく影響し、
クオリティそのものを左右します。

面接やGDは、高速で状況が変化するので、どこを切り取ってフィードバックするか。
今日のワークショップの勘所はどこか?
ここをハズすと、単なるマナー講座の延長で終わってしまいます。

「学びの品質」で、弊社は差をつけていきたいと思います。

今日も他社主催のワークショップを見学に行ってきます。  


Posted by プロデューサー  at 10:38Comments(0)日記

2018年06月15日

2018前半残り少なくなりました。

今日また【ブログ見ました❗】
と言われたので更新します。

もう6月です。早すぎませんか?

今年は大学の講義の大改造二年目で、
本当に1週間が早いのですが近年になく充実してます。

アウトプット先行の数年でしたが、
ちょっとインプット出来る時間も取れるようになってきたので、
今年はついに学会発表デビューをします。

人前で話すのは別になんともないのですが、
これは未知の世界です。テーマは共同発表する先生とこれから相談します。楽しみです❗

学生にチャレンジを進めるのですから、自分もしないとですね。評価を気にせず、丁寧にちょっと面白く組み立てるつもりです(^^)

あと2ヶ月足らずで春学期は終了、1ヶ月の山ごもりです(^_^)v  


Posted by プロデューサー  at 18:47Comments(0)日記

2018年04月02日

春です!

久しぶりの投稿になりました。

「読んでますよ!」と声をかけられると更新したくなります。
ぜひ、お声かけください。

さて、今日はあちこちで入学式。
私の所属している成安造形大学でも239名の学生が新たに入学してきました。

入学式と言えば、大学の入学式が一番印象に残ってます。

「京都から遠く離れた仙台で、これからほんまに4年間暮らすんやなあ」

と関西弁が一切聞こえてこない会場で、ぼんやり考えていたのを思い出します。

「でも、俺なんでここにいるんやろ」

そんなことも思いました。ちょっと考えたら分かるんですけどね。

今日は保護者の皆様に向けて話す時間も頂きました。

*とにかく思いっきり何かに没頭してほしい、ということ
*知識だけでなく、体験から自信をつけさせる教育を目指していること

そんな話をさせていただきました。

さあ、4/10から講義開幕です。




  


Posted by プロデューサー  at 22:41Comments(0)日記

2017年10月26日

アルバイトは就活に役立つのか

「私は、現在飲食店でアルバイトをしており・・・」

普段就活支援をしていると、
大学生の多くがアルバイトで学んだことを
自己PRに使用しています。

しかし、採用担当者の中にはアルバイトの経験は
全く評価に値しないと断じる人もいます。

実際はどうなのでしょうか。

■■

当たり前のことですが、人が人を評価するので
微妙に観点は異なります。

アルバイトをどう評価するかは、評価担当自身が自らのアルバイト経験をどう感じているかに尽きるのではないでしょうか。

しておいて良かった!と思う人は似たようなアルバイトをしている学生に期待するだろうし、

不要だった!と思う人は評価しないでしょう。

(ちなみに私は前者です。仕事内容によりますが・・)

では就職してからの実業務や社会人生活で、学生時代のアルバイト経験の何か活きるのか?について考えるとさらに整理できそうです。

・コミュ力
・笑顔

などのPRは、厳しいのではないかと思います。言葉で言わなくても少しコミュニケーションしたら分かるからです。

・責任感
・仕事の速さ

これらも、自己認識より周りからの評価を入れるべきです。

お客さんに褒められたエピソードを話す人もいますが、
そんなひとつの事件より毎回一緒に長期間(時間)過ごしている、
同僚や社員(バイトからすれば上司)からの評価の方が信憑性の面でも◎です。

たまに
・新人バイトの育成担当をしてます!

と声高らかに話す人もいますが、面接相手は大抵人材採用、育成のプロです。他のネタを伝えた方が無難です。

そんなことをふと思った神戸の大学からの帰路でした。  


Posted by プロデューサー  at 15:50Comments(0)日記

2017年10月16日

雨の西京極

昨日、楽しみにしていたトップリーグ観戦に行ってきました。

いわゆるラグビーのプロリーグです。

試合は白熱、そして青春の思い出の詰まった西京極ということで楽しかったのですが、ファン層拡大の面からは気になることもありました。

大きくは二つ。

ひとつは会場内の屋台やグッズ販売の段取りの悪さ。

あまりラグビーがよくわからない子どもたちや、ライトな気分で来ている人たちにとっては大きな楽しみなはずなのですが正直とてもショボいです。

寒いのでコーヒー買いにいったら早々に売り切れて新しいのを淹れるのにかなり時間がかかっていました。

また、屋台の数も少なく選択の余地もなし。インスタパネルでもおけばいいのになと思いました。

ふたつめは、観客席の無駄遣い。

これは西京極に限った話ではないのですが、雨の中お金を払ってチケットを購入し、カッパ着て観戦しているファンたちがいるわけです。

なのに屋根つきの一番試合がよく見える中央席(しかもテーブルと電源まで!)は「記者席」「関係者席」となっていて一般の人は立ち入り禁止。

ぎっしり詰まっていたらまだしも、ほとんどが空席で、無駄です。
プレスの席は事前に申し込みにすればいいし、関係者って誰が決めるのでしょうか?

地域の子どもたちを招待したり、逆に昨日のような☔なら、数千円払っても座りたい人いると思います。
やり方はいくらでもあるのに、旧態然としたやり方で、ファンファーストでないなぁと悲しくなりました。

頑張れ!ラグビー!  


Posted by プロデューサー  at 07:56Comments(2)日記

2017年10月12日

便利=不便?

おはようございます。

今日は大阪と神戸と長距離移動の一日です。

その昔、毎日一時間半かけて車で通勤していた時代もありましたが、
視力が良くない私はとても疲れました。
特に夜の運転は知らず知らずのうちに神経を使っているのか、
満員電車のストレスと天秤にするしかありません。

今はほとんど電車通勤になりましたが、こちらの方が性にあっているようです。



さて、先日大学でGoogleのハングアウトを使った面接を受けるので、
自宅にPCがないので助けてほしいという学生がきました。

SkypeやZoomのようなもので、楽勝と思っていたのですが大苦戦。
結果的にはうまく設定出来たのですが、学校内という環境や私含む職員がGoogleについてそこまで詳しくないため勉強になりました。

直接会わなくても、移動時間をかけなくても、便利になったものです。

これを不便と感じないように、少なくとも大学生と関わる以上は常に勉強しておかないとと感じた一件でした。  


Posted by プロデューサー  at 09:11Comments(1)日記

2017年10月10日

12年目突入!

本日10月10日、11回目の創立記念日を迎えました。

月並みですが、支えてくれるすべてのお客様、仲間に深く感謝です。

今日はとても天気が良いです。大好きな秋が始まります。

いつもバタバタと要領の悪い人間ですが、今日ばかりは少し手を足を止めて、
この11年に思いをはせる1日にしたいと思います。

  


Posted by プロデューサー  at 16:30Comments(0)日記

2017年09月25日

後期が始まりました。

おはようございます。
ただ今大学に向かうJRの中です。

先週から開講しましたが、大体最初の講義はオリエンから始まるので、
本格的に内容が始まるのは今週から!というところも多いのではないでしょうか。

年間少なくとも150ー200回登壇させてもらいますが、
ものすごいアウトプット量です。
時々はネタを仕入れ(インプット)しないと、毎年同じ講義をする羽目になります。

先日も東京とんぼ返りで、あるAIとIOTに関するカンファレンスに参加しました。

今の若者には直接的に関係する内容であり、
教育者として最新の情報を仕入れない手はありません。
案の定、驚きの情報がふんだんにインプットされました。

今日は1年生の講義。
1限目で眠いけど、受けたいと受けて良かったと思える講義に出来るか。
毎回が勝負です。  


Posted by プロデューサー  at 08:11Comments(0)日記

2017年09月18日

後期スタート

おはようございます!

今日から後期の大学講義がスタートです。

かなりこの夏は充電させてもらったので、
頑張らないとです。

しかし昨日の台風はスゴかったですね。
いつもなんだかんだで京都は直撃を避ける
イメージなんですが、今回はなかなかの暴風雨で寝付けませんでした。

そして今日休講になると出鼻をくじかれるな~と思っていたら台風一過気持ちのよい朝になりました。

さて、1限からです。  


Posted by プロデューサー  at 07:50Comments(0)日記

2017年08月24日

菅平もあと一週間

菅平に滞在してはや24日目。

すっかり生活もリズムが出来てしまいました。

昨日、滋賀から知り合いが来たのですが開口一番「涼しー!」と言っていたので、
それでも菅平としては暑い日で汗だくな私は、下山が不安になってきました。

見渡す限りのレタス畑と芝生のグランド、そしてたまに聞こえてくるラグビーの練習試合でのホイッスルともあと一週間でお別れです。

  


Posted by プロデューサー  at 11:25Comments(0)日記

2017年08月20日

一事が万事



おはようございます。

昨日も大学ラグビーの練習試合を
数試合観てきました。

試合そのものももちろん面白いのですが、
その周りのことにもどうしても関心が行きます。

というのも、強いチームはすべからくマナーも良いからです。
マナーというと少し広義なのでもう少し詳しく言うと、
「相手の立場を考え、気持ちよい印象を与える」力が高いのです。

これはラグビーだけでなく、いま熱戦が続いている高校野球しかりなのですが、

*審判への敬意
*相手への敬意
*チームメイト(応援者)への敬意

この3つがきちんと出来ています。

逆にこの3つが出来ていない、
アスリートとしてもだらしないチームは
相応の位置にいます。
周りを見えない、感謝の気持ちをもつ余裕のない組織が、よきパフォーマンスなど出せるわけがないのです。



スポーツだけではなく、これは仕事にも言えることだと思います。

周りのせいにせず、自分が目の前の人やことにどれだけきちんと誠実に対応できるか、が大きな目標達成への最小で最速の道なのだと改めて思わされます(^-^)

  


Posted by プロデューサー  at 08:47Comments(0)日記

2017年08月19日

菅平の生き物



おはようございます!

菅平高原は野生生物のパラダイスです。
芝生を歩く際も注意しないと、
真ん中にこんな子が鎮座していたりします。

では本日も頑張ります!  


Posted by プロデューサー  at 08:14Comments(0)日記

2017年08月18日

本格的にブログ再開します!

ご無沙汰しております。

長いSNS(FB→Twitter)の旅を経て、ブログに戻ってきました。
これから発信はこちらにします。



今、長野県は菅平で過ごしています。
8月丸々、このラグビー合宿の聖地で仕事をしています。
(避暑、そして大学の仕事がほとんどないという理由も大きいですが。。)

こんなとこです。
g

真夏でも平均気温19度というとんでもなく快適な場所です。
あちらこちらでラグビーの練習試合が目白押しで、ラグビー好きにはたまらないところです。





何をしているのかといいますと、当社が展開している
ラガーマンに特化した就職支援のプロモーションが最大の目的です。

*RUGLETEサイト
https://www.ruglete.com/


このエリアのどまんなかにある、セブンイレブンさんの店前で、
こんな感じで会員登録会を運営しています。



なにせ、一晩に600人は訪れるという(しかも9割以上がマッチョマン)お店なので、
てんやわんやの時もありますが、なかなか楽しい仕事です。

会員になってくれた選手やチームには、就職講座や履歴書添削など様々なサービスを
提供し、時には求人も紹介しています。

自分がお世話になったラグビーに、少しでも恩返しができたらと思っています。



  


Posted by プロデューサー  at 17:46Comments(0)日記

2016年12月28日

久しぶりの仙台

14年ぶりにきました。

大学の4年を過ごしただけなのですが、
僕にとっては第二のふるさとです。

初日は大学のキャンパスと、光のページェントを
見に定禅寺通りへ。綺麗でした!!  


Posted by プロデューサー  at 09:47Comments(0)日記

2016年12月12日

河川敷

昨日は天気が良かったので淀川河川敷に散歩に出掛けました。

沢山歩いて少し休憩していると
ご高齢の男性が自転車にラグビーボールを
乗せて登場。
黙々とキックの練習を始めました。

あんまりラグビーは一人で練習しないし、
さらに蹴っては取りに行って肩で息をしているおじいさんが、
段々気になってきました。

思い切って声をかけました。
一緒にやりましょ。僕も10年やってたんで!

おじいさんはにっこり笑って、
なんとスクリューパスを放ってきました。なかなかのキレです。

そしてキックとパスを何回かやって、
話を聞くと35歳からクラブチームでラグビーを始められたとのこと。

ゆうに70は越えておられるので、
競技歴は大先輩。
フッカーだがかねてからゴールキックが蹴りたくて練習に来られたとのことでした。
そのバイタリティーに脱帽。

いい汗と、やっぱりラグビーしてて良かったなと思えたいい日曜でした。  


Posted by プロデューサー  at 08:49Comments(0)日記

2016年10月13日

10年

一昨日の10日に、
法人を設立して10年がたちました。

10年・・約3,650日。
自分のすべてを投入してここまでやってきました。

得られたものも多いけど、
失ったものも相応にあります。
でも、やはりこの世界に来て良かったと思います。

サラリーマン時代と自営で何が変わったか、下記にまとめておきます。
あくまで個人の話なので、殆どの人には役に立たないと思いますが、もしかすると私と同じような環境状況にある人がいれば、勇気ややる気に繋がれば嬉しいです。

■ ■ ■

大きく変わったこと
①「仕事」が自分そのものへ

休みないの?等と聞かれることがあると、休みとか出勤という概念が無くなっていることに気付く。全ては自分でコントロールしないといけないのです。休みの日を楽しみにしたことはこの10年1度もなく、休みはリカバリーの機会であり、いわば休むことも仕事の一環でした。

独立の最大の醍醐味は自らの人間力と叡智のみで戦えるところ。
売りたくない商品や、リスペクトできない上司・社長はいません。
ただ、その代償として誰も助けてくれません。もちろん指示もありません。
人の意見を待つ人には全く向かないということです。

②コスト意識

何をするにせよ、回収の見込みを考える。「必要経費は貰えるから」という感覚はなく、常に答えは赤か黒しかありません。何より赤が続くとどこからも補給はないので、活動量も減りどんどん死のスパイラルに入ります。
私の場合は人間的な部分や理念とは関係なく、あくまで数字の上での現状分析を冷徹にする参謀がいたことで大いに助けられました。
本当の現状を突き付け、未来を悲観的に見る人や意見も必要なのです。
月に一度は、予算と実績を共有し半年後までのキャッシュフローを確認していました。

③付き合う人達が変わる

サラリーマンがぬるいとか、自営がシビアとかそういう話ではなく、本当に自分にとって必要な人しかまわりにいなくなる。ビジネスを越えてご縁が出来る場合もあるが、これは本当に一生のご縁になると思います。無印の自分を信頼してくれた訳ですから。

また、独立バブルという言葉があるように独立後は割りと誰でもある程度は食えてしまいます。
どんな飲食店も最初は客が入るのと同じかもしれません。

ところがここでヘタを打つと、この世界に2打席目はありません。
そして最初のうちはヘタを打つものなのです。

その時期を過ぎてからが正念場です。
小さい仕事をおろそかにせず、信頼を勝ち得て未来に大きく花開かせるつもりで取り組むことだと思います。

もう10年の感傷に浸る時間はなく、走り出しました。また10年後を楽しみに。  


Posted by プロデューサー  at 20:31Comments(0)日記